自己破産したくない 自己破産しないで済む方法 弁護士無料相談

実はあなたは自己破産を誤解しているかも。自己破産後の生活も知っておこう

自己破産後の生活と自己破産の基礎知識(弁護士への相談含む)Top

借金を抱えて、返済できる目途がなくなった人は自己破産の申し立てをすることになります。自己破産をすれば、借金を帳消しにすることができますので、最も良いと思うのですが、自己破産をする場合には、生活に必要なもの以外の不動産などを全て失うことになります。なぜ、自己破産に追い込まれてしまうのでしょうか?会社の経営状況が悪く、給料が少なくなり、ローンの返済ができなくなるような人もいるのですが、大半の場合は、キャッシングやローンを利用して、最終的には多重債務者になり、返済ができなくなってしまうのです。キャッシングやカードローンは、勤務先がしっかりしていて、安定した収入が得られる人ならば、融資を受けることができます。あまり、借金はしたくないと思っていても、急な現金が必要になるような場合には、身内から借金をして迷惑をかけるのではなく、ご自身の責任でお金を借りるようになってしまうのです。当初は計画的に返済するようにしても、利用限度額が多いような場合には、いつでもどんな用途でも利用できてしまいますので、ついついお金を借りすぎてしまうのです。自己破産は債務整理の究極的な方法です。自己破産をしてしまいますと、クレジットカードの利用ができなくなったり、ローンを組むこともできなくなりますので、自己破産の手続きが終わったあとの生活は、身の丈に合った、散財のないような生活を送ることが要求されます。当たり前のことです。自己破産をしてしまうような人は、散財をしている場合が多いのです。高価なブランド品を購入したり、ギャンブルなどでお金を使ってしまうような人ばかりだと思います。しかし、誰でも自己破産ができるわけではなく、免責事項といい、借金の返済が難しくなった理由をしっかり判断されることになります。また、自己破産をしますと、資格制限もありますし、新たに借金をすることはできなくなります。どうしても、返済ができない場合には、弁護士や司法書士に相談をして、新たな人生を送るようにするべきです。二度と借金はしないように心がけることが必要です。

 

自己破産後の生活と自己破産の基礎知識(弁護士への相談含む) 目次
1. 自己破産について
1-1自己破産とは何か
1-2自己破産のメリット
1-3自己破産のデメリット
1-4自己破産と多重債務者について
1-5弁護士に相談する
2. 自己破産手続きをする前に
2-1気持ちの整理をすること
2-2全ての債務を把握すること
2-3借金の整理方法を明確にすること
2-4保証人がいる場合には
2-5自己破産申し立てに必要な書類を準備
2-6自己破産ができない人
2-7自己破産をするのに適した人
3. 自己破産をした後の生活への影響
3-1子供の教育費はどうなるか
3-2家族への悪影響は
3-3自己破産後の生活
3-4資格制限について
3-5新たに借金ができなくなる
3-6ローンやクレジットが利用できなくなる
3-7海外旅行ができなくなる
4. 自己破産手続きを弁護士に依頼する
4-1弁護士に依頼する前に
4-2弁護士に相談するメリット
4-3弁護士に依頼するデメリット
4-4自己破産を依頼する弁護士の選び方
4-5弁護士に自己破産をお願いする費用
5. その他自己破産について
5-1キャッシングと多重債務者について
5-2自己破産にかかる時間
5-3過払い請求について
5-4信用情報機関への登録
5-5自己破産での勘違いについて
5-6自己破産以外の債務整理方法

更新履歴


このページの先頭へ戻る